見えない癌のリスク~NK療法で転移を絶対しない、させない~

医者

完治する可能性

Doctor

予想もしていない癌、と宣告された時には、色々な情報を集めてよい病院にかかる事がとても大事な事だと思います。たとえ転移している癌であってもあきらめずに治療していくと、今は完治できる可能性は高くなっています。生活習慣も改善していくこともすごく大切な事です。

Read More

早期発見が重要

予防的切除も行なわれているのです

Doctor

胆のうがんは比較的日本人には多く発生するがんの一つです。特に60代の女性に多く発症する傾向が見られます。昨今では、エコー検査などで早期に発見されるケースも増えており、この場合には予後も良好です。胆のうがんは胆石症との関連も指摘されており、病気のある方は定期的な検査が必要になってきます。早期に発見出来れば、ほぼ9割近くが治癒すると言われているだけに、早期発見の重要性は大きいのです。 こうしたことから、最近では腹部の手術時に他の臓器と一緒に胆のうを摘出してしまうケースも増えています。特に60代以降は胆のうがんのリスクが高まるため、こういった予防的な措置も行なわれている訳です。胆のうは、摘出しても特に生活には支障がないとされています。

リスク管理が重視されていくでしょう

胆のうがんは、胆石症や腸の病気によってリスクが高まることが分かっています。また、日常の食生活の影響も受けるとされており、糖尿病などの生活習慣病は高リスクになると考えられているのです。胆のうがんは高カロリー食や野菜不足の食生活が一つの要因と言われています。従って、ある程度日常生活の中で予防していくことが出来る訳です。 現在では様々な方法で病気のリスクを下げる試みが行なわれています。胆のうがんの場合にも、今後は生活習慣の見直しなどを通じてリスクを下げる対策が講じられていくと予想されます。早期発見に向けての検査も今後は広く行なわれていくと考えられるのです。リスクをいかに管理していくかが、これからは一層求められると言えます。