業者選びは時間がかかりやすい

引越し業者と一口にいっても、数も相当ありますから何を基準に選定するべきか迷って当然です。引越し業者を探す時のチェックポイントを下記でみてみましょう。

業者を選ぶチェックポイント

  • その地域の相場を調べる
  • サービス内容を見る
  • 見積もりの正確さ
  • 国土交通省認可済みであるか
  • 各利用者向けのアドバイスができるか
  • 引越し以外のサービスも行っているか

引越し費用を安く抑えたい人はしっかり目を通そう

積み木

引越しメニューや料金について

尼崎や東京で引越しをする場合にかかる料金は、単身者の場合およそ1万7千円からです。これは部屋の広さで金額が変わるので、2LDKの場合は4万円近くかかることになります。経済的な問題がある場合は、荷造りや荷解きを自身で行なうコースが断然安上がりでしょう。また、自身が指示を行ない作業を引越し業者にお願いする方法もあります。引越しではなく部屋の模様替えをするなら、そのようなコースも用意されているので必要に応じて活用しましょう。コース選びに迷っている場合は、スタッフからアドバイスをもらうこともできます。

玩具の家とトラック

交渉はできるのか?

引越し料金を少しでも安くする方法としては、複数から見積もりをとり、値引き交渉をすることです。A社が4万円に対し、B社が4万5千円だった場合、前者の方が安上がりですが、まだ少し高いと感じるケースもあります。複数で見積もりを取っているなら、他の業者を引き合いに出し値引き交渉をするのが一般的でしょう。

団セ

引越しに役立つアドバイスをチェックしよう

荷造りを自分で行なう場合は、梱包するアイテムごとに作業の仕方を熟知しておくといいでしょう。そうすることで、作業時間が短縮されスムーズに荷造りができるようになります。例えば、食器といった割れ物の場合、一つずつ丁寧に梱包することが必要です。また、直接触れないよう中身をしっかり固定させることも大事ですよ。調味料、書籍、ケース類、パソコンやステレオなどの精密機械なども梱包法にコツがいるので、引越し業者のサイトから情報収集を行ないましょう。

引越しに関する疑問を紹介します

ダンボールと人形

自分でできる節約法はありますか?

できるだけ物を減らすことでしょうか。荷物が多くさらに大きくなれば、引越し料金もそれに合わせて高くなります。作業前に必要なものと不要なものを分けておくのもいいでしょう。

いらないものはやはり捨てるしかないですか?

最近は引越しだけでなく、不要なものをその場で買取してくれる引越し業者も増えてきました。捨てるにもお金がかかるので、買取サービスを展開している引越し業者を利用してみましょう。

国土交通省認可済みというのはどこでチェックできますか

わかりやすいのは業者のナンバープレートでしょう。認可を受けている場合、ナンバープレートは緑色かもしくは黒い色をしています。もし普通自動車と同じ色なら、認可されていない業者の可能性が高いです。

見積もりはどこを見ればいいですか?

作業員の数やオプションサービスの確認は必ずしておきましょう。また、引越し日時や積み下ろす場所の確認も忘れないでくださいね。よくあるのが見積書か契約書かのチェックです。仮に契約書だった場合、了承の方にチェックするとキャンセル料を請求される可能性があります。

見積もり方法が知りたいです

引越しの見積もりは電話やメールで簡単にできます。詳しい情報を記載したい場合は、メールがいいでしょう。電話なら情報を口頭で伝えると答えてくれます。

広告募集中