癌などの大病に打ち勝つ〜転移しても秒殺で病魔をノックアウト〜

医者

見えないがんのリスク

胆汁の通り道

Doctor

肝臓と十二指腸の間にある体内器官を胆管といいますが、あまりこの器官を知っている人は少ないでしょう。胆管というのは肝臓で作る胆汁が通る管となり、肝臓から十二指腸を繋いでいます。この胆管にがん細胞が発生することによって患う病気が胆管がんであり、中年男性に多い病気として認知されています。胆管がんは胆嚢にできるものと合わさると、胆道がんという呼び方をされることがありますが、個別の器官できた際はそれぞれの呼称になります。また、日本では年間18,000人あまりが発症すると言われており、ほぼ変わらない数字です。その理由は胆管がん自体、病状が出づらいことから、早期発見が難しいがんとも言われていることから治療が困難になるケースが多いようです。

予防法はいくらでもある

がんの中でも非常に気づきづらい胆管がんですが、何も対策ができないわけではありません。まず、胆管がんは原因があって発症する病気なので、日々の暮らしで意識をすることが大切でしょう。例えば、胆管がんは既存の疾患やウイルス性のもの、そして脂肪分の摂り過ぎが原因になる可能性が高いです。ですから、日頃の健康状態を意識して、コレステロール値を調整するのがいいでしょう。最近は健康サプリで脂肪分やコレステロールを調整することができるので上手に取り入れてみるのがポイントです。また、医療機関で定期的な診断を受けることも胆管がんの早期発見と予防に繋がります。見えない胆管だからこそ、生活習慣の見直しや定期検診などのできることをはじめていきましょう。