癌などの大病に打ち勝つ〜転移しても秒殺で病魔をノックアウト〜

医者

NK療法とは

平均的な相場をご紹介します

Doctor

癌性胸膜炎は、主に肺がんや乳がんなど胸部に発生するがんによって引き起こされることが多いです。胸水と呼ばれる水が溜まるのが特徴で、治療ではこの胸水を抜く方法がとられます。胸水は繰り返し溜まってくることが多く、治療は時に難しくなります。 このような癌性胸膜炎の治療で最近新たな選択肢となっているのが、NK療法と呼ばれる免疫治療です。この治療は現在自費診療となっており、費用は1回に付き平均約30万円程かかります。この治療を数回に渡って行なうことで、体の免疫力を活性化することが出来ると考えられているのです。6回程度の治療を行なった場合、NK療法は約180万円程の高額な費用がかかります。一般の抗がん剤治療や外科的処置と合わせてこういった療法を試す方法もあるのです。

他の治療効果を高めることがあります

癌性胸膜炎でNK療法を行なった場合には体の自然な免疫力が上がり、結果として抗がん剤など他の治療の効果を高めることがあります。これまで生じていたつらい副作用などが改善することもあり、様々な面で良い変化が現れてくることがあるのです。NK療法では自分の免疫細胞を使用するため、副作用を起こすことがほとんどないとされています。治療費は未だ高額ですが、生活の質を上げるためには大きなメリットがある治療法なのです。 こういったNK療法を通常のがんの治療にプラスすることで、食欲が出たり体力が回復することも考えられます。癌性胸膜炎の場合、日常生活の快適さが特に重要となるため、こういった新しい療法も試してみる価値があるのです。